ダウンスラスト
ダウンスラストは
主翼と推力軸の高さの差が原因で生まれる頭上げをうち消すために付けられる
揚力の代償として翼には強い抗力が発生するから、高いところに主翼があると機体はのけぞって天を向く、これをうち消す手段だ

慣性を無視した荒いスロットルワークにまで面倒を見てくれるものではない
モーターグライダーの場合は
軸と翼・重心が離れていないのでダウンスラストを付ける必要はない
市販キットの場合は
モーターを回すとどんどん頭が上がって、ひどいものだと宙返りしてしまう
これは異常なほど重心位置が前寄りな為で、常に頭を上げて飛んでいるから一目でわかる
エレベーターは上げ舵を打ちっ放しだ
これだと滑空性・低速性能が悪いので安全な着陸が出来ない

良く受け取れば
スキルのない初心者が組み立てて舵がブラブラでも、鈍い舵で何となく飛んでしまうようにと言うメーカーの親心だ
悪く受け取ると
知識も経験もない人が適当に開発販売してるので何がまともかすら判っていないから

さてこいつの場合
一応は高翼機なのでダウンスラストの恩恵を受けられる
もちろん重心・舵角の調整がすべて終わってから

inserted by FC2 system